思いつき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 救国の将軍

<<   作成日時 : 2009/01/08 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

未曾有の国家的経済危機に当面し、私利私欲,党利党略でない真に救国の気概が有る政治指導者が出現

しないものか?と自問自答していて、国家存亡の危機とまでは言わないが。こんなときに偉大な救国の士が

出て国家を救って呉れたら、と考えていたら次のような人物が目に浮かんできた。

外国の英雄に助けられて日本が戦に勝利した。そんな戦が歴史上一度も無かったから、日本にそんな

救国の外国の将軍像など一つも無い(きっと無い)のは当然だ。でもお隣の韓国の仁川(インチョン)港には

マック。アーサー将軍の巨大な像が建っている。朝鮮戦争で半島の先端まで攻め込まれた韓国に国連軍

を率いる総司令官だったマック。アーサーが仁川上陸作戦を敢行し劇的な逆転勝利に導いた事に対する

韓国国民の感謝の気持ちが銅像と成っているのだろう。フランスも然り、第2次世界大戦では、フランス全土

はナチスドイツにいち早く占領され、ドイツの敗戦まで占領が続いた。そんな国家的危機にあって国民を

鼓舞し続けたのが。フランスにとっては外国人では無いが、フランスの将軍 シャルルドゴール であった。

彼はイギリスに亡命しながら、フランス国民の精神的バックボーンとしてラジオで国民にメッセージを送り続けた。

だから今尚彼の名前を空港や、凱旋門広場に(シャルルドゴール空港、シャルルドゴールエトワール)

彼の名前を冠して称えている。同じように最終的には米軍に依って開放されたのだから、時のアメリカ大統領

フランクリン。D.。ルーズベルトの名前をシャンゼリゼ通りのど真ん中の地下鉄駅名に残している。

画像




又同時に、時のイギリスの首相、 ウインストン。チャーチルもフランスにとっては大恩人だ。パリのグランパレ

美術館前に大きなチャーチル像が有る。(写真上)  いい忘れたが、ソウルのメインストリート 青瓦台の前に

ある、韓国の甲冑に身を固めた巨大な銅像は豊臣秀吉の朝鮮遠征軍を撃破した将軍像だと聞いた事がある。 

世界中を訪ねれば幾らでもそんな例があるだろうが小生が見たものだけ書いてみた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと気になるのですが、外国人の名前は普通「マック・アーサー」「ウインストン・チャーチル」と「・」で表記しませんか? 「フランクリン。D.。ルーズベルト」より「フランクリン・D・ルーズベルト」の方が読みやすいのですが・・・
tousue
2009/01/10 16:00
tousue殿のお説の通りです。貴殿には昔からピリオドやカンマの使い方を
指摘されていたのに未だに直っていません。恥ずかしながらパソコンのキー
中の ・= 。と同じ扱いで無神経に使っていました。以後注意します。
有難う!

2009/01/11 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
救国の将軍 思いつき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる